トレンドベジ!

下取り車ってどこに出す!?税金・査定料・手数料などお金のアレコレ

yjimage 下取り車ってどこに出す!?税金・査定料・手数料などお金のアレコレ今回は、車の査定についてまとめていきたいと思います。

意外に知らないリサイクル料金や税金についても

説明するので知っていて損は無いと思いますよ!!

スポンサードリンク

 

査定

車の購入先でも査定をしてもらうと思います。

しかし、必ずしも購入先に下取りに出さないといけないわけではありません!

買取専門店を利用するのも手です。

買取店の方が高くても、営業マンに言ってもらえると、

交渉の余地はあります!!
ただ本当の値段より大きく言うウソは

すぐにバレるし印象が悪いのでやめましょう。

買取査定はインターネットからも簡単にできるようですが

  • 勧誘の電話が頻繁
  • ネット査定と現車を見ての査定額に開きがある…

など、いいことばかりではないようです・・・

実際の車の状態を見てもないのに査定額が出るわけがありません!

ディーラーの下取りは安いと思うかもしれませんが、

今は各社、中古車も取り扱っているので買取り店と比べても

大差がなくなってきたようにも思えます。

安心できるところで

それでもディーラーに下取りを出したくない方は

1番は安心できるところに下取り・買取に出すのが1番です。

下取り=登録名義を変える

普通車では印鑑証明などの重要な書類を預けることになるので、

安心できるところでお願いしましょう!

こんなケースも・・・

名義変更されないまま使用されてしまった。

結果、翌年の自動車税も払わなければいけなくなった・・・

古い車でも大丈夫!

yjimage 2 下取り車ってどこに出す!?税金・査定料・手数料などお金のアレコレ

例えば、20年大切に乗っていた車でも下取りに出すことができます。

国産ディーラーでは最低1万円の価格をつけるところが多いと思います。

私が働いていた中で鉄の値段が高い時期だと、 最低価格が7万円!

なんて時期もありましたよ。

こればかりは、その時の鉄の価格によりますが・・・

査定料・手数料

当然ディーラーでは査定料と名義変更の手数料がかかります。

名義変更の手数料は下取車手続き代行費用とかそんな名前です。

査定料と手数料で15000円位が相場でしょうか・・・

スポンサードリンク

下取り車の税金 自賠責保険

車検が残っている車は 月割りで重量税と自賠責保険 の還付。

自動車税も月割りで還付 (自動車税の還付は軽自動車はありません) が、

下取り額に含めて提示される事が多いと思います。

含まれている価格なのかどうかは必ず確認してください。

年度末は要注意!!

車の税金は4月1日時点での車の名義人が支払う義務があります。

例えば、下取り車を3月30日に買取り店やディーラーに引き渡して

名義変更が4月1日にされたとします。

そうすると、自分は車を渡したのに先方で名義変更がなされていないため、

翌年度の納税の義務が自分に発生してしまいます。

私が勤めていたところは、名義変更が会社の都合で間に合わなかった場合は

お客様の代わりに会社が支払っていましたが、中には違うところもあるようです・・・

普通車は月割りで支払えますが、軽自動車の場合は月割りがないので要注意!!

リサイクル券

緑色のリサイクル券があると思います。

廃車する時に必要なリサイクル料金は前払いなんです。

リサイクル料金は最終的に車を廃車した人が負担します。

廃車になる車でも私がいたお店は必ずディーラー名義に 変更してからの廃車。

ディーラーが廃車する形にしていたので

お客様がリサイクル料金を負担することはありませんでした。

下取り価格とは別に返金していましたよ。

どうなるか 必ず確認を!!

yjimage 1 下取り車ってどこに出す!?税金・査定料・手数料などお金のアレコレ

まとめ

下取車があるときは、

税金やリサイクル料金の還付があるかもしれないということ!!

詳細を明確にしてもらいましょう。

悪質業者だと無知なことをいいことに、

税金や保険料をネコババされることもありますから!!

そして、安心できる所にお世話になった車を預けましょう♪

関連記事
車購入時の見積り注意点!メーカーオプション販売店オプションとは?
車選びのポイント!決算期って本当に安い?車購入で失敗しないために
賢い車の選び方!元営業マンによる車種選びのポイントと車の種類は? 

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top